イタリア赤ワイン ボルゲリロッソ/レマッキオーレ 神の雫

この記事は3分で読めます

#イタリアワイン 赤

イタリア赤ワイン ボルゲリロッソ/レマッキオーレ 神の雫

イタリア赤ワイン ボルゲリロッソ/レマッキオーレ 神の雫

レ・マッキオーレ/レ・マッキオーレ ボルゲリ・ロッソ 商品説明ワイナリー名
Azienda Agricola Le Macchiole
レ・マッキオーレ
ワイン名
Le Macchiole Bolgheri Rosso

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—
楽天市場やAmazon・YAHOOショッピングでイタリアワイン 赤を探すなら

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—


#イタリアワイン 赤

モンテゾーヴォ レチョート デッラ ヴァルポリチェッラ 500ml イタリア甘口ワイン 約3ヶ月葡萄を陰干し手間をかけて造る赤ワイン

モンテゾーヴォ レチョート デッラ ヴァルポリチェッラ 500ml イタリア甘口ワイン 約3ヶ月葡萄を陰干し手間をかけて造る赤ワイン

モンテゾーヴォ レチョート デッラ ヴァルポリチェッラ商品説明収穫後、約3ヶ月葡萄を陰干し
手間をかけて造る“甘口赤ワイン”
畑の標高は350-500m、畑の向きは南、南東、南西、土壌はマールと石灰の混ざる組成です。葡萄の仕立てはグイヨ、植密度は6,000本/haです。畑の肥料はオーガニックなものを使用しています。収穫は9月の第二週に行います。人の手で注意深く選別した後、葡萄はケースに並べられ、「フルッタイオ」と呼ばれる乾燥庫に運び、約3ヶ月間、乾燥(アパッシメント)させます。これにより全体の約30%の重量を失います。このように自然にゆっくりと乾燥させることで素晴らしい集約がもたらされます。乾燥させた葡萄は1月に除梗・破砕し、ステンスタンクに入れ、選別酵母によって発酵させます。アルコ―ル発酵を約10日行った後、トノーで12ヶ月熟成させます。その後、大樽に移し2ヶ月寝かせた後、さらにボトルで10ヶ月瓶熟させています。シロップ漬けの果物、砂糖漬けのチェリー、チョコレートやシナモンのアロマ。口当たりは非常にしなやかでバランスがとれています。
商品名
Recioto della Valpolicella

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—
楽天市場やAmazon・YAHOOショッピングでイタリアワイン 赤を探すなら

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—


#イタリアワイン 赤

エディツィオーネ チンクエ アウトークトニ コレクション No.16赤ワイン イタリア アブルッツオ ファルネーゼ 2014

エディツィオーネ チンクエ アウトークトニ コレクション No.16赤ワイン イタリア アブルッツオ ファルネーゼ 2014

ファルネーゼ  エディツィオーネ コレクション商品説明エディツィオーネ(品番:I381)のために選ばれた最高の畑から、さらに選りすぐりの葡萄だけを使って造られる特別なワイン。葡萄は通常より1ヶ月ほど遅らせ、樹の上で乾燥させてから収穫します。丁寧に除梗します。アルコール発酵と醸しはステンレスタンクで25日から30日間、マロラクティック発酵はフレンチバリック、そのまま同じ樽で18ヶ月熟成させます。透けて通らないほど濃い紫色。チェリーやカシスのリキュール、そしてミントなど様々なハーブ、さらにシナモンやクローヴなどのスパイス、ココアやリコリス、そしてミネラル要素が感じられる深くて複雑なアロマがあります。素晴らしい骨格、ヴェルヴェットのようにしなやかなタンニンがあり濃厚ながら、フレッシュで弾けるような果実味があります。いつまでも続く長く心地よい余韻が感じられます。今飲んでも美味しく、さらに長期熟成出来るポテンシャルを持っています。
商品名
エディツィオーネ コレクション
商品コード
I813

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—
楽天市場やAmazon・YAHOOショッピングでイタリアワイン 赤を探すなら

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—


#イタリアワイン 赤

古酒 未開栓 CHIANTI CASTELLANI 2007 キャンティ カステラー二 赤ワイン イタリア 750ml 12% 果実酒

古酒 未開栓 CHIANTI CASTELLANI 2007 キャンティ カステラー二 赤ワイン イタリア 750ml 12% 果実酒

未開栓 CHIANTI CASTELLANI 2007
キャンティ カステラー二
赤ワイン イタリア 750ml 12% 果実酒
宜しくお願い致します!




–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—
楽天市場やAmazon・YAHOOショッピングでイタリアワイン 赤を探すなら

–☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆—


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。