ボルドー メドック格付フルボディ赤ワイン愛好家大注目!

この記事は2分で読めます

#赤ワイン フルボディ
ボルドー メドック格付フルボディ赤ワイン愛好家大注目!
ボルドー メドック格付フルボディ赤ワイン愛好家大注目!


現在の品質は格付第二級に匹敵すると言われるスーパー第五級!

●商品名 シャトー・ランシュ・バージュ[2006]年・AOCポイヤック・グラン・クリュ・クラッセ・メドック格付第5級
Chateau LYNCH BAGES [2006] Grand Cru Classe du Medoc en 1855 AOC Pauillac
●商品説明 北にムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルト、南にラトゥールとラランドとバロンというすばらしい立地!現在の品質は格付第二級に匹敵すると言われるスーパー第五級 シャトー・ランシュ・バージュ!ヒュー・ジョンソン氏四ツ星!D.ペッパーコーン氏も「うっとりするほど魅力的で」と大絶賛!パーカー氏は五ツ星生産者に挙げ94点!ワインジャーナル94点+! インターナショナルワインセラーでは「最近のランシュ・バージュのベストヴィンテージのひとつ」と大絶賛!!ベタンヌ&ドゥソーヴ3BDで2006年に「ビロードのように滑らかな驚くべき テクスチュア。とても良いワイン」と絶賛し高得点!ラフィット・のエレガンスさよりムートンの堂々とした風格が感じられると言われるランシュ・バージュ!しっかりした力強いヴィンテージ として有名な2006年!カベルネ89%でオーク樽16ヶ月熟成で造られるポイヤック格付が極少量入荷!
【ロバート・パーカー氏はシャトー・ランシュ・バージュについて】
ブドウ畑自体は、北にムートン=ロートシルトとラフィット=ロートシルト、南にラトゥールとピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランド、ピション=ロングヴィル・バロンを望む 場所にある。ランシュ=バージュでは大がかりな近代化と改築はあったものの、ワンつくりの基本的考え方は実に伝統的だ。1980年以来、前にも言ったように、ワイン醸造は新しいステン レス・タンクの中で行われている。その後、ワインは小さなフレンチ・オークの樽に直接入れられる。新樽の割合は1982年のヴィンテージの25%から最近のヴィンテージの60%にまで増加した。 ランシュ=バージュは平均して12~15ヶ月間このオーク樽に入れられ、卵白で清澄処理され、瓶詰めに先立って軽く濾過処理される。現在畑にはいっぱいにブドウが植えられ、生産は1970 年代の平均2万~2万5000ケースから、豊作の年には3万5000ケースにまで上昇した。その上、収穫の20%から30%はランシュ=バージュのセカンド・ワイン、オー=バージュ・アヴルーに まわされる。
有名な1855年の格付けで、ランシュ=バージュは最後の一群、第五級に入れられた。しかし、今日この分野の専門家で、ここの現在の品質がほとんど二級並であると言わない人を私は 見たことがない。イギリス人のオズ・クラークは呑気に、1855年の格付けをした人たちはピューリタンが中心だったんだろう、などと言っている。なぜかというと「彼らは、ランシュ= バージュのような率直に立派なワインが、本当にほかのけちな畑と同じだけ重要になり得る、と認めることがとてもできなかったから」というわけだ。
年代 造り手 [2006]年 ジャン・シャルル・カーズ家 生産国 地域 フランス ボルドー メドック ポイヤック 村 AOC ポイヤック格付第五級 タイプ 赤・辛口 フルボディ 内容量 750ml
●落札メールについて 弊社では、Yahoo様のシステム「オーダーフォーム」を利用しております。

>>価格チェックはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。